ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の効果について

 

効能・効果

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の効果とは?

次の場合のビタミンCの補給

肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

 

次の諸症状の緩和

シミ・そばかす、日焼け・かぶれによる色素沈着

 

次の場合の出血予防

歯茎からの出血、鼻出血

 

そばかすについて

 

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の効果とは?

そもそも「そばかす」って何でしょう。

 

目元周りや頬、鼻のまわりにできる小さな斑点だということはわかっていますが、原因やできやすい人はどんな人なのでしょうか。

 

実はそばかすには先天的なものと後天的なものがあるのです。

 

先天的なものは遺伝によるもので、主に思春期に増えると言われていて、思春期を過ぎると自然と薄くなったり、消える場合もあるそうです。

 

一方後天的なものは特に成人してからできてきて、自然に消えることはなく、むしろ年齢を重ねるごとに目立ってきます。

 

肌の白い方、家系的にそばかすのできやすい方の他に、紫外線・体質に合わない化粧品の使用も挙げられます。
またこれはそばかすだけに限ったことではなくシミにも言えることですが、睡眠不足や不規則な生活、過度なストレス、ビタミン・ミネラル不足でもできることがあるのです。

 

やはり外からのアプローチの他にも、内側からのアプローチも必要になって来るのですね。

 

内服することで、より早い改善が期待されることでしょう。

 

 

 

用法・用量

年齢

1回量

服用回数

成人(15歳以上) 2錠 1日3回服用
7歳以上〜15歳未満 1錠 1日3回服用
7歳未満

服用しないでください

食前または食後に水かお湯で服用してください

 

成分

※1日量(6錠)中

  • ビタミンC(アスコルビン酸) 600mg
  • L-システイン 240mg
  • コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンEのコハク酸エステル) 50mg
  • リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル) 12mg

 

添加物

セルロース、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、
ヒドロキシプロピルセルロース、無水ケイ酸、ヒプロメロース、白糖、タルク、
酸化チタン、アラビアゴム、ポビドン、カルナウバロウ、ステアリン酸マグネシウム

 

L-システイン・ビタミンEは、ビタミンCと服用すると相乗効果が高くなります。

 

 

関連ページ

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」 導入編
ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の概要部分です。人気の秘訣やオススメの理由等を掲載。各ビタミンの説明やジェネリックについての説明も載せております。
【注意】ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」、こんな時には要注意
ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の副作用とよくある質問(飲む期間等)を掲載。副作用はどのタイミングで医療機関へ相談すべきか…など、詳しくまとめています。
【値引き】ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の買い方
ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」を安く買う為のポイントと購入方法をまとめています。購入は薬局でも行えますが値引き率が高いネット購入がオススメですよ。